学童保育指導員の実践から出発

 NPO法人みんなの家は、学童保育に従事している指導員を中心に、主婦、学生、教育、医療、福祉の専門家などで構成されています。

 学童保育は、放課後、共働きで保護者がいない子どもたちに保育の場を提供し、心と体の成長をサポートしていますが、私たちは、仕事を通じて、障害、生活苦、家族問題など様々な課題を抱えた子供さんと接してきました。


私たちにできること

 私たちは、毎日の保育のなかで見えてきたこれらの社会的課題に直面して「限界」を感じるとともに「私たちに出来ること」を模索してきました。 

NPO法人設立へ

 私たちは、仲間や専門家との話し合いを重ね、「私たちにできること」を具体化するため2009年8月、NPO法人「みんなの家」を設立しました。「みんなの家」が目指しているのは、人と人との繋がりを大切にした、誰もが暮らしやすい街づくりです。

NPO法人みんなの家 概要

設立

2009年8月3日

設立目的

「誰もが暮らしやすい地域作り」

主な活動

1.障がい児を含む学童保育の運営

20104月「めだか児童クラブ」開設

2.障がい者グループホームの運営

20104月グループホームみんなの家「美萩野1丁目」開設

3.誰もが利用できる居場所作りとして2011年12月コミュニティカフェ「ましろ」mashiro 開設  

事務所

689-0405

鳥取市鹿野町鹿野2999-

℡:0857-30-7677